よくある質問


Q1. 本当に代金は全額後払いなんですか?


A1. 本当です。前金や補償金は一切不要です。ネットには前金や保証金を騙し取るだけで、実際には作成していない詐欺業者がたくさんあります。ご注意ください。


Q2. 完成品がカード納品ではなく画像データ納品になった理由を教えてください。


A2. 過去のお客様から「画像を紙に印刷するだけで良い。カードは必要ないから、作成代金を安くしてほしい。」とか「画像を送信するだけでよい」という要望が相次ぎました。また、当スタジオが日本から海外に移転したため、日本での手渡しが困難となったため、サーバーからのダウンロード納品となりました。当時の免許証作成代金は10万円でしたから、現在は格安料金となっています。


Q3. 昔から利用している者です。以前は卒業証明書や学生証、パスポートなども扱っていたはずですか、今は免許しか作らないのですか。


A3. 注文の8割りが免許証で、次に大学の卒業証明書と学生証が多く、保険証、住民票、英語検定証、会社の印鑑、と続きまして、パスポートの注文は数が少ないのです。そのため、免許証専門店としてリニューアルしました。その他の書類が必要な場合はメールでご相談ください。保険証や住民票など一部の商品は作成料金を公開しています。当スタジオは偽造でトップの実力を持っておりますから、裏ものアイテムのほとんどを入手可能です。


Q4. アマゾンギフト券での代金支払いですが、ジェネレートした番号でも良いですか?


A4. ジェネレート(偽造)したアマゾンギフト券ではお支払いできません。そこは本物のギフト券でお支払いただきます。


Q5. 御社で働きたいのですが、昔のようにスタッフ募集はありますか?


A5. 海外に移転したため、スタッフ募集があるとしても在宅勤務のネット作業になると思いますが、スタッフ募集の際はブログ等で募集する予定です。


Q6. 以前スタッフとして働いていた者です。もう一度働きたいのですが、可能ですか?トカゲ様はお元気でしょうか。


A6. 可能です。おかげさまでトカゲ会長のほうも快調です。


Q7. 免許の顔写真の欄を空欄にして作成してほしいのですが。顔写真は後から自分で張り付けたいのです。可能ですか?


A7. 顔写真を用意できない場合はお断りします。写真を張り付ける技術があるなら、全部ご自身で作成できるはずです。フォーマット泥棒の可能性が高いので、顔写真を用意できないという不自然な依頼者はお断りすることになりました。


Q8. カードに印刷してほしいです。自分でプラ板に張り付ける方法は不器用なので、できません。どうしたらよいですか。


A8. 印刷業者をご紹介できます。(閉店していなければ)画像データを印刷業者に送れば、カードプリンターでカードに印刷してくれます。他に、ご自身でカードプリンターを購入するか、地下の印刷業者を探す方法があります。


Q9. この画像でビットコインの取引口座は作れますか。


A9. ビットコインに限らず、銀行口座を作ろうと思えば作れると思いますが、しかしながら、それを実行すると重たい罪になるということはよく考えるべきだと思います。


Q10. この画像でビットコインのVISAプリペイドカードは作れるでしょうか。


A10. 作ろうと思えば作れると思いますが、偽物の画像をカード会社に送信する行為は、バレたときどうなるかはわかっていての質問ですね。当サイトでは使用目的では制作しておらず、あくまで個人鑑賞目的で注文を受けています。ここに書けるのは当たり障りのない範囲だけです。


Q11. 免許証や他の書類の作成を依頼する人はどんな人ですか?また、どれくらいのお客さんがいるのでしょうか。


A11. 多いのは風俗関係のお仕事をしている女性、キャバクラ嬢、大学生、アルバイター、外国人、不動産関係者、金融関係者、芸能人が目立ちますが、サラリーマンの方も普通に多くいます。免許だけでも過去15年間に数万人は注文されていたので それ以外の書類の作成も含めるともっと多くなります。昔は当サイト以外にも本当に作成している業者がいくつかありましたが、

ほとんど捕まって閉店してしまいました。過去に偽造で捕まった人物一人一人に膨大な数のお客さんがいたはずです。恐らく現在偽造書類を持っているとか、過去に偽造書類を使ったことがある人はどんなに少なく考えても数百万人以上、多くて2000万人くらいはいると考えられます。業者に頼まずに自分で作成する人も沢山います。



連絡先 lizardcard@gmx.us 転載複製禁止 Copyright © lizardcard 2017 All rights reserved. 当サイトは海外サイトです。日本の法律は適応されません。